宅浪 志望校

出願校で悩んだらやるべき「唯一」のこと

志望校で悩んだ時に見る動画

 

今回は、「出願校で悩んだらやるべき「唯一」のこと」について、
お話したいと思います。

 

大学受験の出願で悩んだ際に、
どこの大学に出すべきなのかについての判断基準を、
一つ紹介したいと思います。

 

実は、出願で悩んでも結論は出ません。
受験してみないと、突破出来るかどうかは分からないのです。

 

受験生の皆さんが、以外とやっていないのは、
出願校の過去問題を解くという事です。

 

本来なら、過去問題を解いて、
「このぐらいは点を取れそうだ!」という目論見があって、
勝算があれば出願するのが、
正しい選択だと思います。

 

大学の偏差値よりも、自分の偏差値の方が高い場合でも、
その大学の過去問題を解いて、
「解きにくい」、「分からない」、
と感じる大学は、受験しても恐らく失敗します。

 

その逆で、大学の偏差値の方が高い場合でも、
「解きやすい」、「自分には向いている」、
と感じる大学なら、受験して合格する可能性があります。

 

受験したい大学の過去問題を解いて、
その大学の傾向や癖を研究してから、
勝算があれば、出願してほしいと思います。

 

過去問題を解いてみた結果の自分自身の感覚を、
一つの判断基準にして下さい。

 

過去問題は、最低5年分は解きましょう!
このくらいやると、自分がどれくらい点が取れるのか、
という事も、自ずと分かってくるので、
少し面倒くさいかもしれませんが、
是非、最低5年分解きましょう!

 

悩んでいても結論は出ないので、
過去問題を解いて、
浪人するあなたの感覚を判断基準にして、
出願するかどうかを決めてみて下さいね。

 

メルマガをやっています!

成績を上げる冊子をプレゼントしています!(無料です!)
30秒で済みますので、よかったら登録してください!

関連ページ

試験前日の食事
試験本番で結果を出すために、試験前日の食事の内容を真剣に考えてみましょう!
センターボケの直し方
センターボケの直し方を紹介します。急に二次試験の問題がデキなくなっても、勉強の仕方次第で結果は出ます。
過去問演習のポイント
過去問演習をうまくして結果を出すための具体的なテクニックを紹介します。
後期試験対策
最後まで油断せずに勉強するからこそ、結果が付いてきます。ここでは後期試験対策とは何か、どうするべきかを紹介します。
過去問研究が絶対の理由
孤独な受験生は過去問と向き合わないといけません。無駄な遠回りをしないための過去問研究の必要性を紹介します。
過去問は何年分やるべきか?
過去問は何年分解けば十分なのか紹介します。
赤本の使い方
教えてくれる人がいないなら、自力で赤本を読みこなし、結果を出す必要があります。ここでは宅浪生に伝えたい赤本の使い方を紹介します。
北野天満宮に行ってきました!
学問の神様・菅原道真がまつられている北野天満宮に参拝してきました。
試験会場に持っていくもの
宅浪生だからこそ、試験を受けるその瞬間を見越した対策が必要です。今回は試験勉強にフォーカスした話をしたいと思います。