宅浪 後期 試験 勉強法

後期試験の勉強戦略

作成動画

 

今回は、「後期試験の勉強戦略」について、
お話したいと思います。

 

国立の試験の場合には、
前期試験を受験して、前期の合否結果が出る前までは、
後期試験対策を行っておく必要があります。

 

合否結果が出て、合格していればそれで終了ですが、
もし失敗していれば、
継続的に後期試験の対策を行う必要があります。

 

後期試験対策は、次の3つです。

 

@頑張る事が大事
これは、ゲン担ぎ的な面もありますが、
とにかく最後まであきらめず、
気を抜かず頑張って下さい。

 

A過去問演習をやる
後期試験は、科目が少ない事が多く、
小論文や英語が中心なので、
前期ほど難しくないのです。
しっかりと過去問題と向き合いましょう!

 

B前期試験と同じ対策
後期試験の過去問題は、あまり出回っていない事が多いので、
その際には、前期試験と同じような勉強方法をして下さい。

 

大学側が、受験生に求める学生像は、
前期と後期では差がないので、
後期試験も前期試験と同じような問題傾向になる事が多いのです。
赤本などの過去問題を解いて、
後期試験対策を行いましょう!

 

 

前期試験に自信があったとしても、
合否結果が出るまでは、
「神様へのごますり」だと思って、
後期試験対策を頑張って下さい。

 

「勉強」というのは、死ぬまで続きますよ。

 

メルマガをやっています!

成績を上げる冊子をプレゼントしています!(無料です!)
30秒で済みますので、よかったら登録してください!

関連ページ

試験前日の食事
試験本番で結果を出すために、試験前日の食事の内容を真剣に考えてみましょう!
センターボケの直し方
センターボケの直し方を紹介します。急に二次試験の問題がデキなくなっても、勉強の仕方次第で結果は出ます。
過去問演習のポイント
過去問演習をうまくして結果を出すための具体的なテクニックを紹介します。
志望校の選び方
志望校の選び方を紹介します。
過去問研究が絶対の理由
孤独な受験生は過去問と向き合わないといけません。無駄な遠回りをしないための過去問研究の必要性を紹介します。
過去問は何年分やるべきか?
過去問は何年分解けば十分なのか紹介します。
赤本の使い方
教えてくれる人がいないなら、自力で赤本を読みこなし、結果を出す必要があります。ここでは宅浪生に伝えたい赤本の使い方を紹介します。
北野天満宮に行ってきました!
学問の神様・菅原道真がまつられている北野天満宮に参拝してきました。
試験会場に持っていくもの
宅浪生だからこそ、試験を受けるその瞬間を見越した対策が必要です。今回は試験勉強にフォーカスした話をしたいと思います。