試験 前日 食事

試験前日に十分なエネルギーを蓄える食事術

作成動画

 

今回は、「試験前日、何を食べる?」について、
お話したいと思います。

 

この動画は、受験生本人が見るよりも、
親御さん方が見た方が為になると思います。

 

「試験前日には、これを食え!」というものがあります。

 

試験前日には、
パンやごはんなどの「炭水化物」を食べて下さい。
「炭水化物」が欲しいと書きましたが、
実際には、『ブドウ糖』が必要なのです。

 

『ブドウ糖』は、脳の燃料(ガソリン)なのです。
人間の脳は、炭水化物から得られる『ブドウ糖』からしか、
摂取しないという非常にわがままな臓器です。

 

非常に、わがままな臓器なのですが、
脳に頑張ってもらわないと、
試験は突破出来ないので、
炭水化物で『ブドウ糖』を摂取してもらって、
試験本番に臨んで下さい。
市販されている
「ブドウ糖キャンディ」も有効です。

 

その逆に、
食べてはいけないものは「油」なのです。

 

「とんかつ食べて、試験に勝つ!」という
語呂合わせもよく聞く言葉ですが、
これは、試験前日に食べてはいけません。
出来れば、
センター試験2日目が終わった夜に食べて下さい。

 

また、エナジードリンク系には、
アルコール分が含まれている事があります。
脳の判断が鈍る事がありますので、
これも避けましょう!

 

是非、試験前日に、ブドウ糖を摂取してもらって、
脳が元気な状態で、試験に臨んで下さいね。

 

メルマガをやっています!

成績を上げる冊子をプレゼントしています!(無料です!)
30秒で済みますので、よかったら登録してください!

関連ページ

センターボケの直し方
センターボケの直し方を紹介します。急に二次試験の問題がデキなくなっても、勉強の仕方次第で結果は出ます。
過去問演習のポイント
過去問演習をうまくして結果を出すための具体的なテクニックを紹介します。
志望校の選び方
志望校の選び方を紹介します。
後期試験対策
最後まで油断せずに勉強するからこそ、結果が付いてきます。ここでは後期試験対策とは何か、どうするべきかを紹介します。
過去問研究が絶対の理由
孤独な受験生は過去問と向き合わないといけません。無駄な遠回りをしないための過去問研究の必要性を紹介します。
過去問は何年分やるべきか?
過去問は何年分解けば十分なのか紹介します。
赤本の使い方
教えてくれる人がいないなら、自力で赤本を読みこなし、結果を出す必要があります。ここでは宅浪生に伝えたい赤本の使い方を紹介します。
北野天満宮に行ってきました!
学問の神様・菅原道真がまつられている北野天満宮に参拝してきました。
試験会場に持っていくもの
宅浪生だからこそ、試験を受けるその瞬間を見越した対策が必要です。今回は試験勉強にフォーカスした話をしたいと思います。