宅浪 試験 勉強法

作成動画

 

今回は、「受験生が試験会場に持っていくべきもの15個」について、
お話したいと思います。

 

試験会場に持っていくものを、まとめて紹介します。
@受験票(コピーをして1部親に渡すと万が一の際にメールで聞ける)
A鉛筆(最低教科数分必要)
Bシャープペンシル(問題を解く場合にのみ使用)
C鉛筆削り(念のために)
D消しゴム(複数個必要)
E時計(出来れば複数個)
F現金(電車・バスが遅延した際のタクシー利用の為)
G眼鏡(目の悪い人だけ)
H目薬(休み時間中のリフレッシュ用)
I防寒具(手袋、マスク、マフラー、コートなど)
J参考書(自分の心の支えとして)
K携帯電話(緊急用の連絡手段)
L弁当(近くのコンビニでの購入は出来ないと思って下さい)
M眠気覚まし:FRISK(休み時間中のリフレッシュ用)
Nハンカチ(手洗い、顔洗い用)

 

試験会場で実際に使えるものは少ないかも知れませんが、
色々と不測の事態が生じた際への対処準備が出来ていれば、
気持ちの上でも楽になるので、
是非、この15アイテムは、試験会場に持参して下さい。

 

試験では、泣き言が通用しません。
悲劇のヒロインにはなれるかも知れませんが、
合格者にはなれないのです。

 

準備のやり過ぎという事はありませんので、
試用意周到にして、
試験会場に行って下さいね。

 

メルマガをやっています!

成績を上げる冊子をプレゼントしています!(無料です!)
30秒で済みますので、よかったら登録してください!

関連ページ

試験前日の食事
試験本番で結果を出すために、試験前日の食事の内容を真剣に考えてみましょう!
センターボケの直し方
センターボケの直し方を紹介します。急に二次試験の問題がデキなくなっても、勉強の仕方次第で結果は出ます。
過去問演習のポイント
過去問演習をうまくして結果を出すための具体的なテクニックを紹介します。
志望校の選び方
志望校の選び方を紹介します。
後期試験対策
最後まで油断せずに勉強するからこそ、結果が付いてきます。ここでは後期試験対策とは何か、どうするべきかを紹介します。
過去問研究が絶対の理由
孤独な受験生は過去問と向き合わないといけません。無駄な遠回りをしないための過去問研究の必要性を紹介します。
過去問は何年分やるべきか?
過去問は何年分解けば十分なのか紹介します。
赤本の使い方
教えてくれる人がいないなら、自力で赤本を読みこなし、結果を出す必要があります。ここでは宅浪生に伝えたい赤本の使い方を紹介します。
北野天満宮に行ってきました!
学問の神様・菅原道真がまつられている北野天満宮に参拝してきました。